差別化上流物販

転売はそんなに悪いのか?

 

新型コロナの拡大、マスクなどの転売などもあって、
せどり・転売に対する「世間からの目」はさらに厳しさを増しています。


ですが、転売自体は決して法律違反ではなく、
収益を上げやすい昔から存在するビジネスモデルであることは

間違いありません。

 

だからこそ私たちは、

「常識の範囲内での物販」とは何かを真剣に考えたうえで、

だれからも非難されることなく、

「転売ではない」と胸を張って言えるビジネスを

展開していく必要があります。

 

 

そもそも転売で儲けを出すことは簡単ではない

 

最近では有名芸能人やYouTuberなども発信しているため

「せどりは稼げる」と思って参入する人も増えていますが、

思うように稼げなくて撤退していく人も少なくありません。

 

まず多くの人は、リサーチの時点で挫折しています。

 

YouTubeやTwitterなどで、

簡単に利益商品を見つけているような発信者も、

実はあのレベルに達するまでには血のにじむような努力を重ねています。

 

そしてせどりが続かないもう1つの理由は、

やっと利益商品を見つけても、リピート仕入れをすることが出来ず、

ワンショットのビジネスに終始してしまうからです。

 

その結果、面倒なリサーチ作業をいつまでも繰り返すことになり、

肉体労働に終始してしまい、

いつしか心が折れて辞めてしまうことになるのです。

 

そこへ来て、世間からの目やAmazon、メーカーからの出品規制

 

だったら正規商品であるメーカーや卸問屋からの仕入れが出来れば、

 

 

安定した仕入れを確保できて

独自商品や独占販売など

物販ビジネスの可能性はさらに広がります。

 

いつまでも終わることのない単純物販のスパイラルから抜け出して、

長く続けられる販売力をつけたいと思いませんか?

 

 

とはいえ、卸取引には資金が必要

 

 

せどりは商品を仕入れて販売しなければ利益を上げることは出来ません。

仕入れにはクレジットカードを使うことになりますが、

翌日の支払い日までに商品を売って現金化しておかないと

資金がショートしてしまいます。

 

また、メーカーや卸問屋と取引するとなれば、

ある程度の資金や販売実績がないと、そもそも相手をしてもらえない、

という可能性すらあります。

 

でも、安定した仕入れを確保するためには、

単純転売から卸仕入れや独占販売へとシフト

していかないと

長くビジネスを続けていくことは難しいでしょう。

 

 

そこでおススメしたいのがジャンク品修理販売

 

ぼくは、初めてせどりに挑戦したいという人には、

リサイクルショップなどで中古家電やおもちゃなどを仕入れて

Amazonやヤフオクなどで販売する

「中古品せどり」をおススメしています。

 

中古品仕入れのメリットは、

何と言っても商品を安く仕入れることが出来ること。

また、高価な現行品でなくても、型落ちでいいから

安い商品を購入したいというお客さんもたくさんいます。

 

中でも、ジャンク品ならさらに安く仕入れることが可能です。

 

汚れているものや壊れている商品もありますが、

クリーニングするだけできれいな商品にすることも十分可能ですし、

簡単に直せるものなら修理して販売すれば、

低資金で大きな利益を生み出すことも可能です。

 

ジャンク品修理販売である程度の資金を確保しながら

卸業者との交渉を進めて、徐々に上流仕入れへとシフトしていく。

 

これこそ継続的な利益を確保するための理想的なビジネス展開だと、

ぼくは思うわけです。

 

修理して売るのだから転売ではない

問屋から正規品を仕入れて売っているのだから転売ではない

 

と胸を張って言える。

そんなビジネスをあなたも目指してみませんか?

 

 

もう「転売ヤー」とは言わせない

肉体労働の単純転売から卒業して

ライバルと差別化した上流物販を目指すために

 

 

ぼくが提案する、中古品せどりで資金を増やして

メーカーや卸問屋と取引できる力をつけていくために

 

このたび

「ジャンク品修理販売マニュアル」

を作成しました。

 

そして、上流仕入れについては、ぼくの敬愛する友人が作成した

「差別化上流物販術」を読んでいただくことで、

取引先を増やしていけることと信じています。

 

◆「ジャンク品修理販売マニュアル」の内容◆

 ジャンク品とは何か

 ジャンク品修理販売のメリットとデメリット

 修理して販売する方法

 どうしても直せないときの対処法

 ジャンク品の仕入れ先

 主なジャンク品の修理方法

    ・ゲーム機

    ・プリンター

    ・スマートフォン本体(iPhone)

    ・コンポ・オーディオ機器

    ・フィギュア  

    ・アクセサリー  など

 

 

あなたにぜひとも利益を出していただくために

 

僕からの特典、「ジャンク品修理販売マニュアル」は、

高橋優太さんの教材の特典という形で実質無料で提供したいと思います。

 

 

 

 

29,800円という教材価格は、決して安いものではありませんが、

きっとそれ以上の利益をあなたにもたらしてくれることでしょう。

 

ぜひ手に取っていただけたら幸いです。

 

 

「ジャンク品修理販売マニュアル」

「差別化上流物販術」

 

 

マニュアルを手にする
(クレジットカード払いは、最大3分割まで可能です)

 

 

ご注意

必ずしみぃからの特典が表示されていることを確認してから

決済手続きを行ってください。

このような表示がない状態で購入されても特典が付きませんので

ご注意ください!

 

 

 

おわりに

 

この度はこちらのページを開いていただき、ありがとうございます。

 

せどりや転売がなぜここまで目の敵にされるのか?

 

それは一部の販売者が

「常識の範囲を外れた物販」「消費者の反感を買う行為」しているから

なのです。

 

古物商を取得せずに販売する。

コロナ禍の非常事態にマスクを買占めて世の中を混乱させる。

行列に並んでいる人の目の前で見せつけるかのように大量買いする。

賞味期限もろくに考えずヤクルト1000を独占し、

欲しいと思っている人の足元を見るかのように高額な値段を吹っかける

 

私たちが目指しているビジネスは、

決してそのようなモラルに反したものではないはず。

 

「せどり」と「転売」の境界線はどこにあるのか?

そう問われたとき、どう違うのか明確に説明しがたい部分は

確かにあります。

 

ビジネスには流行り廃りがあり、

せどり業界は以前と大きく様変わりしています。

 

その中で長く利益を出し続けるためには、

ルールやマナーに反することなく、消費者の信用を得ながら、

恥じることのないビジネスを展開していくことが

大事ではないでしょうか。

 

商品を修理して販売するなら

問屋から正規に仕入れた商品を販売するなら

転売ではないと自信をもって言えることでしょう。

 

今回、多くの方の協力もあって、ぼくの教材をあなたにご覧いただける

貴重な機会を得ることが出来ました。

 

5年以上にわたって積み上げてきた僕のすべてを

ぜひ受け取っていただけたらと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

せどり職人 しみぃ

 

マニュアルを手にする
(クレジットカード払いは、最大3分割まで可能です)

 

Copyright (C) 2022 Shimmy All Rights Reserved.

 

特定商取引法の表記